• Tel:0086-0755-2985 1810
  • Mob:0086-137 1431 6361
  • E-mail:eddie@okagv.com
  • Address:Building 14, Zhongliang Fuan Industrial Zone, Dayang Road, Fuyong, Baoan, Shenzhen China.

    伝統的なAGVはバッテリーを動力として非接触誘導装置と誘導システムによって走行できる無人搬送車だ。バッテリーで給電するから効率と走行距離が大きく限定され、利用率も高くなかった。AGVの利用率を高めるためには常にAGVに充電しなければならない。また生産ラインから移動しなくて充電作業ができるようには AGV の駐車する場所に(例えば段落搬送区域、回転区域、搭載停止区域など)受電ショップを設置して定時に充電する。充電ショップは基板とカレントコレクタで構成して基板はスタンドでAGV の走行軌道のそこに設置し、カレントコレクタはAGV に設置する。
充電器は基板に電気を供給する。AGVが充電位置に着くとカレントコレクタは充電基板と接触して充電する。バッテリー***能の発展によって現在は何秒以内に快速充電できる。この技術はAGVとして生産ラインから移動しなくて充電作業を行うようになった。AGVの動力とする電源は快速充電と放電電流の要求に満足させるため普通には伝統的な高倍率の開け口カドミウムニッケルバッテリーを使う。でもメモリー効果(充放电を缲り返すことにより电池容量が低下する现象)の影響で使用と維持保護するのが不便だ。カドミウムニッケルバッテリー中のカドミウム汚染は環境保護の要求に合わない。その以外に充電ショップの増加によってAGV搬送システムのコストも増加した。
車両用充電コネクタ
バッテリー
地面充電コネクタ

    IPT(Inductive Power Transfer)非接触給電技術は発展してAGV物流搬送システムに使われ、前のAGV給電システムの欠点を改善した。こんな給電システムはAGVにバッテリーを装置しなくても駆動電源とコントロール電源を提供する。また充電ショップを設置しない時にもAGVに連続的充電あるいは定時充電できる。しかし、非接触給電は地下の給電ケープルに限定され改造によくない。経路変化の柔軟性が低い。

    オンライン自動充電システム
    AGVはカドミウムニッケルバッテリーを給電電源とする。こんなバッテリーは短い期間に大きい放電電流が提供できるし、駆動システムに大きな加速度を提供する。もう一つは最大の充電電流が仕様放電電流の6倍以上にもなる。大きい電流で充電すると充電時間を減らす。AGVは停車状態で作業する時間を利用してオンライン充電が可能で電量を保証すると共に24時間作業が可能になった。

AGVの走行経路の充電ショップに地面充電コネクタを装置し、AGVの底に充電コネクタを装置する。AGVが充電位置に着くとAGV充電コネクタと地面充電コネクタが繋がって充電する。最大充電電流が200アンペアにもなる。

非接触給電システム:
輸送ラインの給電システムは給電装置センサーあるいはIPTを通して輸送する。軌道の電源コントロールボクスには高周波数の交流電源が生まれる。軌道のケーブルは二つに分けて設置し、一つは輸出電流でもう一つは返却電流である。目的は電流を逆流するようにして二つのケーブルの間に強いマグネットが形成する。もし、軌道を逸れると一側の電源が消える。同時に動力ケーブルの側に信号ケーブルを設置する。
二種の方式比較
比較プロジェクト オンライン自動充電 非接触給電 備考
地面施工量 小さい 大きい(精密) 前者は充電器と充電点間にケーブルを設置(短い、4メートル以下)後者は全ラインにケーブルを設置
システム柔軟性 よい 悪い 工芸プロセスが変わると工事を繰り返す。
システム価格 普通 普通 大きい差別がない
精密度 高い 高い 後者のケープルで前者のマグネチックテープの誘導を替わる
使用寿命 普通 長い 前者はバッテリーを取り替える

転載しようと本文の出所を表記してください。:http://www.okagv.com/AGVjzz_15292135.html


Issued date:2013年05月09日 page views:

前:AGVの専門用語       次:AGVの走行構造紹介

深センOK電子設備会社 2012-2013 版権所有 COPYRIGHT ALL RIGHTS RESRVED

アドレス:深セン 宝安区 沙井镇 萬豊大洋田工業区7棟 TEL:0755-27308651 FAX:0755-27307147 xml sitemap