• Tel:0086-0755-2985 1810
  • Mob:0086-137 1431 6361
  • E-mail:eddie@okagv.com
  • Address:Building 14, Zhongliang Fuan Industrial Zone, Dayang Road, Fuyong, Baoan, Shenzhen China.

AGVの応用は伝統的な人工搬送を替えて企業の発展を促した。作業条件と環境を改め、自動化生産レベルを高め、労働生産力の解放、作業員たちの労働強さを減らし、生産構成の最適化、人力、物資、財力を節約し、調和が取れる科学的な生産環境を創造した。
深センOKは AGVと各種の周辺部品の開発、生産、販売が一体化になった高技術企業に発展して来た。AUTOKはシステムインテグレーションと自動化物流の解決能力を持っていていろんなカスタマイズに満足できる。AUTOKの AGVと部品は国内でたくさん使われている。

選択に注意すること
1. 安全性

ボディーはAGVの部品を設置する主な支え装置である。作業中の主な部品でAGVが人とか物体との衝突を配慮して操作上の需要以外にはボディーの表面には危ない部分がないようにする。

接触式障害物バンパーセンサー。衝突で生じる否定的な影響を避け、作業環境中の人と物資の安全を保障するためにAGVには必ず障害物バンパーセンサーが設置する。普通にはAGVが走行する方向の前と後に設置する。バンパーの材質は弾性と柔軟性が備えて衝突があっても人とかものに障害を与えない。
障害物検査装置。障害物バンパーセンサーの補助装置だ。AGVは規定範囲以内であらゆる場所に対して安全を保障しなければならない。この範囲以内でAGVに適当な走行スピードを提供し、慣性を減らしてゆっくり駐車できるようにする。この装置は障害物バンパーセンサーより先作業する安全装置である。障害物を解除した後AGVは自動的に正常の走行状態に戻る。

警告装置。AGVに走行状態を通知し、周囲の注意を揃うためにAGVには多種のアラーム装置を設置する。中には指示ライト、警告ライト、ブザーが含まれている。
緊急ブレーキ装置: AGVに異常が突発した時、必ず緊急ブレーキ装置で本体を保護しなければならない。緊急ブレーキ装置は操作が便利でよく見える位置に装置する。手で操作して緊急ストップ***能を実行する。システムの連鎖保護***能が含まれている。

2. 拡張性

3. 故障率とメンテナンス可能性

4. アフターサービス

5. 価格

以外にもAGVはお客さんのカスタマイズと工芸要求を原則として、搬送する製品の重さとサイズに基づいてAGVの誘導方式、サイズ、搭載能力、充電方式を選択する。既存空間以内でシステムの要求によってベスト経路を選択する。できるだけ干渉を避けて、効率を高め、コストを節約する。
 

転載しようと本文の出所を表記してください。:http://www.okagv.com/AGVjzz_15292141.html


Issued date:2013年05月09日 page views:

前:AGV応用分野紹介       次:AGVの専門用語

深センOK電子設備会社 2012-2013 版権所有 COPYRIGHT ALL RIGHTS RESRVED

アドレス:深セン 宝安区 沙井镇 萬豊大洋田工業区7棟 TEL:0755-27308651 FAX:0755-27307147 xml sitemap