• Tel:0086-0755-2985 1810
  • Mob:0086-137 1431 6361
  • E-mail:eddie@okagv.com
  • Address:Building 14, Zhongliang Fuan Industrial Zone, Dayang Road, Fuyong, Baoan, Shenzhen China.

  人たちが毎日していることを怨んでいる時にロボットはもう人のように働けるようになった。或いは人より良く出来るようになった。
  搬送、区別、放置、研磨、切断、溶接、組み立て……工業ロボットはほとんど出来ない
ことがない。あるロボットの研究員の話によるとロボットは休みが要らないし、給料の要求もないし、転職などの状況もないだそうだ。
  十万の従業員があるFOXCONNから小さい企業まで工業ロボットはもうたくさんの製造業界の生産ラインで使われている。
  データから見ると中国は世界でロボットの需要量が一番高い国である。去年の売り上げは2.26万台で総数は7万台に達して同期と比べると15%増加した。アメリカとドイツなどの増加率は40%以下である。2014年になると中国のロボットの売り上げは全世界の第一になるそうだ。   日本の FANUCとドイツの KUKAは中国で売り上げはみんな100%を超えた。同時に国内のロボットの領域では沈陽SIASUNと広州のGSKなどのブランドは競争して発展している。また国内の企業の発展している気勢を見て中国の工業ロボットの市場は沸き上がる状態なのを認職した。
たくさんのロボットが生産ラインに入るようになった
一ヶ月前のシンセン技術交流会で一台のAGVロボットが皆の注目を受けた。大きさも小さいしトランクの模様で60メートル/分のスピードで気軽に荷物を一側から指摘した場所まで搬送した。会社の管理者の話によるとこのロボットは三人の従業員と運転手、また一台の搬送車に相当するだそうだ。もし毎月一人の給料を3500元とすれば三人は10500元になる。しかし一つのロボットを使うとコストと他の費用を除いて毎年企業に12600元の給料を節約する。生産効率も20%以上高めるそうだ。シンセンのある企業ではもうこんなロボットを使っているそうだ。


 

転載しようと本文の出所を表記してください。:http://www.okagv.com/agvjqb_15252119.html


Issued date:2013年05月09日 page views:

前:郭台銘の百万ロボット       次:AGVの応用はますます広がっている

深センOK電子設備会社 2012-2013 版権所有 COPYRIGHT ALL RIGHTS RESRVED

アドレス:深セン 宝安区 沙井镇 萬豊大洋田工業区7棟 TEL:0755-27308651 FAX:0755-27307147 xml sitemap