• Tel:0086-0755-2985 1810
  • Mob:0086-137 1431 6361
  • E-mail:eddie@okagv.com
  • Address:Building 14, Zhongliang Fuan Industrial Zone, Dayang Road, Fuyong, Baoan, Shenzhen China.

  一つは欧米国家を代表した全自動技術
  こんな技術はAGVの自動化を追及している。ほとんど人工的な干渉が要らないし線路企画と生産プロセスが複雑で変更しやすい。あらゆる搬送場合に適用する。こんなAGVは***能が完璧し技術が先進である。またモジュール化デザインを採用するためにデザインコストを下げて生産標準を向上した。欧米のAGVは外観の要求を捨てて部品組み立て形式で生産した。シリーズ製品の範囲広い。いろんな駆動モード、誘導方式、移載構造などがある。シリーズ製品の搭載量は50kgから60000kg(60トン)までになる。でも価格と***能に限定されて価格変化がない。こんな製品は国内のある企業では生産できる。技術レベルは国際レベルに相当する。
もう一つは日本を代表した簡単なAGV技術
AGC(Automated Guided Cart)と呼べる。この技術は簡単で実用だから一番短い時間で投資コストを回収できる。今日本と台湾でたくさん使われている。数量から見ると、日本で生産する多数のAGVはこんな製品に属する(AGC)。こんな製品は簡単な生産と応用場合(簡単な路線、固定的なプロセス)に結合して搬送作業に使われる。AGCは搬送だけに使い、積卸***能を強調しない。誘導方式から見ると多数は簡単なマグネチックテープ方式を使用する。こんなAGC波80年代にもうたくさん応用して2002-2003年には応用ピークになった。今国内ではたくさんの企業でこんな製品を作れる。

転載しようと本文の出所を表記してください。:http://www.okagv.com/agvjqb_15252122.html


Issued date:2013年05月09日 page views:

前:海南省で百億投資 新エネルギー車をサポートする       次:国内外でAGV二つの発展モード

深センOK電子設備会社 2012-2013 版権所有 COPYRIGHT ALL RIGHTS RESRVED

アドレス:深セン 宝安区 沙井镇 萬豊大洋田工業区7棟 TEL:0755-27308651 FAX:0755-27307147 xml sitemap